外壁塗装・屋根塗装・防水工事なら埼玉県さいたま市(株)さいたま美装|相場よりも低価格、安心の長期保証、火災保険修繕も対応|破風板・幕板コーキング打ち・軒天井の仕上げ塗装/さいたま市西区T様邸にて外壁塗装工事

完全自社施工
無料見積もり実施中! お気軽にお問合せください!
営業時間:9:00~18:00(土日祝も対応!)

現場レポート 破風板・幕板コーキング打ち・軒天井の仕上げ塗装/さいたま市西区T様邸にて外壁塗装工事

2021.02.25 さいたま市西区付帯塗装

幕板コーキング打ちの画像

今回の現場レポートはさいたま市のT様邸の続きをご紹介します。お伝えする作業は破風板と幕板のコーキング打ちと軒天井の塗装です。ご依頼のあったお家の外壁には幕板が取り付けられており、上記の写真を見てのとおり塗装が劣化して下地が見えている状態でした。

幕板の素材は窯業系ですので、塗装が剥がれていると水を吸い込んでしまいます。また、外壁との取り合い部は隙間ができてしまっているため、この状態も不具合を起こしてしまう原因となります。

 

破風板コーキング打ちの画像

 

破風板にも継ぎ目がありますので、ここにもわずかですが隙間ができています。こういった隙間にはコーキングが打たれているのですが、劣化により水が入ってしまう状態になっています。

 

幕板コーキング打ちの画像

 

コーキングを打つときは余計なところにつかないようにマスキングを貼って養生してから作業をします。コーキング充填後は表面が凸凹ですからヘラで平らに均してきれいに仕上げます。

 

軒天井仕上げ塗装の画像

 

コーキングの作業の後はの軒天井の塗装を行いました。軒天井は湿気がこもりやすく痛みも早いので、劣化症状が進む前に塗装してあげることが大切です。損傷がひどくなると張り替えが必要になりますので注意しましょう。

それでは今回の現場レポートはここまでです。続きは次回の現場レポートでお伝えしますので、楽しみにお待ちください。これから塗装工事を行おうか考えている方は、こちらの「初めての外壁塗装をご検討の方へ」をご参考にしてください。

*mu*

私が見積いたします相見積もり大歓迎!無料点検致します!
メールで問合せ